©

古川あいか

STATEMENT

English


 古川あいかの作品は、周囲から切り離され、空間に浮遊し、あたかも幾何学的に配置されているような衣類、ベッドシーツや毛布のような布から形作られる、日々の人間生活の変化の痕跡を私たちにひと目で明らかにしている。これらの布の順列や配置は繰り返されることはなく、むしろさらに新しい変化で現れて、日々の人間生活におけるリズムと微妙な違いを表す。絵を暫く見つめていると、私たちは風景を見出す。つまり、表情豊かな山脈や荒れ狂う海、今にも雷や豪雨をもたらしそうな高くそびえる雲の形成を感じるようになる。私たちは押し寄せる自然現象の目撃者になる。しかし、絵画という媒体であるがゆえに、私たちは安全な距離を保ち、作品の光景を静観することができる。だが、時にこの距離が崩壊してしまう。布が構成するパターンが描画の枠を超えて伸び、時折私たちを遠近法の中に吸い込み、催眠をかけてくるようである。古川の多くの作品はフレームがない。それは、画家が作品空間を鑑賞空間から切り離す共通の習慣から、意識的な離脱を試みている。

 古川が芸術作品と鑑賞者の空間との境界をあいまいにさせるもう一つの方法は、彼女の主題の選択によるものであるが、描かれた布の性質から、それらと人体との間に隙間ができることを許さない。人間と常に肌と触れ合う布を描写することにより、古川あいかは、作品と風景となる作品の世界に十分な距離感を生み出している。描かれた作品は常に内なる世界が存在し、それが表裏一体となっている。古川の作品空間は精神的であり、内なる世界である。すなわち、私たちが感覚的に経験する空間でなく、熟考させる空間である。常に覆い隠され、保護されている感覚がある古川あいかの作品には、視覚的に感覚的にも距離感と接近を体験できる可能性が存在する。

マキシミリアン・ラウシェンバッハ/美術史家


A first glance at Aika Furukawa’s paintings reveals to us the everyday remains of human transformations, shaped from such textiles as clothing, bed sheets or blankets, removed from their surroundings, hovering in space and arranged in seemingly logical patterns. Minor fabric architectures are seldom repeated, since they appear instead in ever new variations and thus stand for the rhythm of and subtle differences in everyday human life. If we look longer at the paintings/drawings, we seem to recognize landscapes: dramatic mountain ranges, raging seas or towering cloud formations, that could tear open at any time, releasing lightning and torrential rain. We become witnesses to overwhelming natural phenomena. Yet the medium of painting allows us to maintain a safe distance and to contemplate these spectacles. At times, however, this distance is breached: formations stretch over the edge of the portrayal, the perspective sometimes seems to inhale or even hypnotize us. Many of Furukawa’s works are unframed - a conscious deviation from a common practice of painters, that serves to separate the artistic space from the viewing space.

Another means by which Furukawa blurs aesthetic boundaries, is the choice of her subjects: The nature of the textiles depicted, allows no intermediary space to form between them and the human body. In her portrayal of fabrics that always maintain direct physical contact with human beings, Aika Furukawa is able to generate the impression of maximum distance from the landscape. The views created always include an element of the interior. When looking at her paintings one is outside and inside at the same time. Furukawa’s space is a spiritual, an inner space - not the space of our sensory experiences, but one of contemplation. There is always a sense of being enshrouded, of protection. In the works of Aika Furukawa distance and proximity are both present as potential experiences.

Maximilian Rauschenbach / Art historian

pagetop